新型コロナウイルス感染者数予測

最終更新: 4月22日

この記事は、2021年2月1日のアップデート版です。アップデートした部分は、厚生労働省から発表された国内の発生状況の数字を「実数」の項に表示いたしました。

(※更新日:2021年4月7日)


2021年に入り、新型コロナウイルスの新たな変異株が日本でも発現し始めた。先日発表されたコロンビア大学の論文(プレプリント:2021年1月26日)によると、新しい変異体は従来の変異株より感染力が強く、重症化するスピードも速いという研究結果だ。



また、その翌日(1月27日)には、日本政府から「日本国内におけるワクチン接種開始時期は「早くても4月1日以降」という発表」であった。



一方、変異株が発生している国、ワクチン接種を加速している国々から、日本でも参考になるデータが公開され始めています。



そこで今回、変異を早期に発見し、感染力や重症化を抑え込むために、各国政府機関や研究所が発表しているローデータ(生データ)をベースに、2月1日~6月30日までの150日分を予測した。



計算する上での条件は、次の通り。


条件1: ワクチン接種開始が4月1日と仮定 条件2:

変異株のそれぞれの感染率・死亡率による予測数は、次のように示しています。 ・従来の感染・死亡率で「(弱)」 ・変異株B.1.351(南アフリカ)の感染・死亡率「(中)」 ・変異株B.1.1.7(イギリス)の感染・死亡率「(強)」

■1日あたりの感染者数(無症状者含む)予測


※アップデート

 厚生労働省発表の「陽性者数」を青色で追加しました。(2021年4月7日更新)


【要約】無症状者含む感染者数予測値

・2月(69,963~162,045)

 ー2月発表された陽性者数41,881


・3月(71,081~282,701)

 ー3月発表された陽性者数41,453


・4月(75,661~366,743)

・5月(61,777~189,574)

・6月(42,634~104,476)

新型コロナウイルス感染者数 予測


■1日あたりの死亡者数予測


※アップデート

 厚生労働省発表の「死亡者数」を青色で追加しました。(2021年4月7日更新)


【要約】死亡者数予測値

・2月(2,160)

 ー2月発表された死亡者数2,144


・3月(1,225)

 ー3月発表された死亡者数1,279


・4月(702~3,992)

・5月(780~3,893)

・6月(549~1,865)




■必要となる病床数(予測)

条件:

・従来のコロナ株の感染率での予測値を「病床数(弱)」

・変異株B.1.351(南アフリカ)の感染率での予測値を「病床数(中)」

・変異株B.1.1.7(イギリス出現)の感染率での予測値を「病床数(強)」


新型コロナウイルス 病床数 予測


広告表示



まとめ

2021年4月7日現在、大阪エリアでの新たな変異株(B.1.1.7あるいはN501Y)による感染者が増加傾向にある。今回の予測データでも3月31日から予測値を超える陽性者数となっているため、新たな変異株の割合が増えているものと考えられます。


変化を早期に予測し特定すればするほど、必要に応じて起こり得る変化に対処することができます。


これからも、最新データをベースに分析し予測データを発表する予定ですので、ご興味があれば引き続き当ブログへお立ち寄りください。



※1日毎の感染者数および死亡者数予測データ(期間限定)の提供は、終了いたしました。



■参照データ

「新型コロナウイルス感染症についてー厚生労働省」

「新型コロナウイルス患者数オープンデータ」

療養状況等及び入院患者受入病床等に関する調査についてー厚生労働省」

「感染症指定医療機関の指定状況ー厚生労働省」

「GISAID」

「Increased Resistance of SARS-CoV-2 Variants B.1.351 and B.1.1.7 to Antibody Neutralization」

「Coronavirus Update: January 29, 2021 - FDA」